1月 102008
 

もう一つ木の話題を。

たいまつ(松明)の話をしてくれた古老は、たき火の話もしてくれました。

雪の中で枯れ木が見つからないときは、アオダモの木を焚くといいそうです。

アオダモ?。 野球のバットの材料に使う木です。
何でアオダモ??

アオダモは生木でもよく燃えるんだそうです。

近頃は、アウトドア指向の人たちの間でたき火がちょっとしたブームになってるようですが、生木を燃やせる人はちょっと少ないんじゃないでしょうか。古老はたき火の達人でもあります。

火をつけるときは、もちろんガンビ(白樺の皮)を焚き付けとして使ってください。
(※ くれぐれも、マッチはご自分でご用意ください。)

これさえ知っていれば、冬に北海道の山で道に迷っても、もう大丈夫です。

もし、この記事のおかげで命が助かったという人がいたら、ぜひご連絡ください。


 返信する