1月 162008
 

我が家の窓から森を眺めるとこんな景色です。

窓から見た阿寒の森の風景
  (クリックで拡大します)

最近は、仕事のため釧路市内に出かけることが多いのですが、街から帰ってくると、改めて森の生活の気持ち良さを再認識します。

右の窓から見えているのは、ハルニレの樹。
(北海道ではアカダモと呼ばれています。)
左の窓から見えるのは、イタヤカエデとヤチダモの樹です。

家の周りにすごく太い樹は少ないのですが、このまんま2~300年位放っておけば、巨樹の森になるでしょう。

その景色を見自分の眼で確かめることは絶対に不可能ですが、想像するだけでも、なんか楽しい気分になれます。


  2 コメント

  1. はぁぁ~思わず自分の家の窓をのぞいてため息が・・・
    素晴らしい眺めですね!
    写真だけでもとても癒されました~
    今日も頑張れそうです(*^_^*)

  2. eri様
    景色はきれいですが、最高に寒いです。
    写真じゃ判らないけど、家の壁は板一枚で隙間だらけです。 氷点下のすきま風がス~ス~です。
    おかげで、家の中でも外の新鮮な空気が吸えます。
    (健康に良いのか悪いのかよくわかりません。)
    ともかく毎日ガンバッいこう!、と思って生きてます。

 返信する