2月 272008
 

ウチの森で一番太い木は、このハルニレの古木。
ハルニレの古木
 (クリックで拡大すると指輪物語の「エント」が出現します。)
ほとんど倒れかかった木がそのまま生長したようだ。根元の直径は1.5m程もある。
ハルニレの巨木
この丘の周辺は、戦後すべて伐採され、丸坊主だったそうだ。
当時を知る人は今でもここを「ボウズ山」と呼んだりする。
その後約60年放置されたままだったため、雑多な木が自然に育ち立派な森になった。ただし森としてはまだまだ若造である。
純粋な自然林に対して、一度伐採され再生した森を「二次林」と呼ぶそうだ。
こちらもニレの木。直径は1m余り。
ハルニレ(コブニレ)の古木
ゴツゴツした無骨な姿が、生きてきた時代を感じさせる。
コブニレの古木(ハルニレ)
どちらのニレも、樹齢は軽く百年を超す古木だ。
どうして伐採されずに生き残ったのだろう?
答えは簡単。
はじめの木は倒れかかっていたため、もう一方はコブコブな上に幹の中内部が空洞になっていたため、材木として使いにくかったから。
要はオチコボレだっわけである。
  ------------------
そのおかげで、こうして今でもこの森の古老として、私たちをしっかりと見守ってくれている。


  2 コメント

  1. こんばんは。
    「オチコボレ」ることが長生きの秘訣かも知れませんね。(^^ゞ
    それにしても素晴らしいです。

  2.  つぼ焼きとむ さん
    倒れようが折れようが、生長し続けてさえいれば何時の日か巨木になれる。
    生命に限らず人生のすべての事は、結局は続けたモン勝ちなんでしょうね。

 返信する