3月 012008
 

トドマツに走る凍裂(とうれつ)の痕
凍裂したトドマツ
森のあちこちで見る事が出来る。
痛々しい古傷の痕。長いものでは3mに達するものもある。
トドマツに走る凍裂の跡
凍裂は、樹木の幹に含まれる水分が凍って起きるのだが、詳細なメカニズムはまだはっきり解っていないらしい。
トドマツの樹に多く見られるようだ。
深夜の森に響き渡る凍裂の乾いた音は、さぞかし幻想的だろう。
残念ながら実際の音は未だ聞いたことがない。ぜひ一度聞いてみたいものだ。
凍裂したトドマツ(下がりヘビ)
凍裂の痕を地元の人は、「さがりヘビ (下がり蛇)」と呼ぶ。
確かに、ヘビが木の幹を伝って下りているようにも見える。


  6 コメント

  1. 寒いところでは色々な現象が起こるのですね。
    勉強になります

  2. おはようございます。
    なんとも想像し難いような凍裂の音を心の中で聴いています。
    可哀想な気もするけれども、これも自然淘汰なのでしょうね。

  3. 凍裂と言うのは、トドマツに多く起こる現象と言うことは、トドマツがエゾマツなどに比べると、保温効果などの機能が足りないと言うことなのでしょうか?
    凍裂のお話を聞いて、自然の厳しさを痛感させられました。

  4.  虎龍  さん
    ホントですよね。
    都会暮らしでは役に立たないかもしれないけど、いろいろなことが勉強できます。

  5.  つぼ焼きとむ さん
    凍裂した木は材木として使えないそうです。
    でも、おかげで伐採されず、長生きできるかもしれませんね。

  6.  dad-hiro さん
    なぜトドマツに多いかはよく知りません。
    ウチの森では他にヤチダモにも凍裂の痕が見られます。
    幹に含まれる水分量に関係があるらしいです。

 返信する