3月 132008
 

グーグルアースで見た開拓生活研究所。
森の色から判断すると、晩秋の写真のようだ。
グーグルアースで見た開拓生活研究所
(拡大すると四角い屋根が見まえす。暇な人は探してみてください。)
黄色い線が敷地の境界線。一辺が約300m。
茶色っぽい部分: 広葉樹林。
濃い緑の部分: 針葉樹林。
薄い緑茶色の部分: 笹原。
全体の地形は、こんな感じ。
敷地全体が、南東向き斜面になっている。
遠くに阿寒だけを望む
一番高い所で標高300mくらい。
左側の谷底まで、落差100m近くある。
遠くに見えるのは、雪を頂いた雌阿寒岳(左)と雄阿寒岳(右)。


  10 コメント

  1. すごい\(◎o◎)/!
    こんな事ができるんですね。広葉樹が多いんですね。いいなあ~。

  2. 宇宙からわかるくらい広大な敷地なんですねぇ。
    これでクリスマスの時にサンタさんの追っかけをやりました(^^;)
    もしかしたら見えてたかもしれませんね。

  3. 森の人さん。先日は足あと有難うございます。
    大自然相手に生活されてるんですか。
    凄すぎます。 また、遊びに来ます。

  4. ははは・・・面白いこういうのも有ですね。
    2番せんじやらせていただいてもよろしいでしょうか。
    アースの方だと3Dもできるんですね。
    立地南東斜面で良い雰囲気で森が囲んでいますね~
    パーマカルチャー的にも良い土地だと思います。
    あと広さもこれぐらいあると良いな~。

  5. 本当に何もないですね^^
    凄いです。

  6.  matsumotobun さん
    立体模型みたいで楽しいですよね。
    秋だけでなく他の季節も見てみたいものです。
    グーグルだったら、そのうちやってくれるかも!。

  7.  まりにゃぁにゃ さん
    サンタさんには会えたのでしょうか?
    都市部の方が写真の解像度が高いので、自宅の近くで自分の姿を発見できるかもしれませんよ。

  8.  あきたいぬ さん
    こちらこそ、訪問ありがとうございます。
    自然の中で楽しく暮らしたいと思ってやってます。
    ぜひまたお立ち寄り下さい。

  9.  denen-kurashi
    二番せんじと言わずにやってみてください。楽しみにしてます。
    その気になれば、3Dモデリングで建物の立体表示も出来るみたいです。
    (時間と根気がかなり要りそうですが)
    エネルギーや廃棄物も含め、この土地内で循環可能な生活をするのが理想ですが、まだまだ道は遠いです。

  10.  虎龍 さん
    お隣さんまで、1.5km。ちょっとお醤油を借りに行ったら、その間にみそ汁がすっかり冷めてしまいます~。

 返信する