3月 132010
 

 

北海道新聞朝刊の連載コラム「朝の食卓」掲載

雪の上に残されたエゾリスの足跡を追跡(アニマルトラッキング)した話です。


「追跡」 有明 正之

北海道新聞のコラム「朝の食卓」

 森の楽しみの一つにアニマルトラッキングがある。雪の上に残された動物の足跡を観察し、追いかけるのだ。

 春先の固く締まった雪の上に、うっすらと新雪が積もった朝は絶好のチャンスだ。森の中に入り、残された動物の足跡の中からその日の対象を選び追跡を開始する。

 今回の相手はエゾリス。ウサギに似た足跡だがずっと小振りで、後足の直後に小さな前足の跡が横並びにある。逆台形に並んだ足跡は特徴的で、見分けがつけやすい。

 足跡をたどり、カラマツの植林地に入ると、一面エゾリスの足跡だらけだった。その中から特定の足跡を見分けるのは大変だ。エゾリスは木に登り、隣の木に飛び移って移動したりするから、目的の足跡を見失わずに追いかけるのは至難の業である。

 それでも目が慣れ、目指す相手の足跡の特徴が見分けられるようになってくると、一匹のエゾリスが森の中を飛び回っている様子が想像できるようになり楽しい。

 追跡は森のはずれに立つエゾマツの大木の所で突然終わった。この木からいくつもの足跡が放射状に出入りしている。どうやら私の追いかけていたエゾリス君はこの大木を住まいにしているようだ。

 一度も会ったことが無いのに、もうすっかり顔なじみになった気がする小さな友に別れを告げ、帰路についた。

(パイオニアラボ代表)・釧路


 返信する