田舎は不便か

 

.

復刻版 開拓生活研究所について

このページは、私(森の人)が北海道に移住してきた時に運営していた、「開拓生活研究所」ホームページの復刻版です。

当時のプロバイダーのサーバーが障害を起こして、データが消滅、同時期に自宅のマシンもクラッシュしたため「失われたホームページ」になっていました。
(2000年1月の事です。開拓生活研究所の「2000年問題」は甚大な被害を引き起こしました。)

その後プロバイダが一部のデータをサルベージしてくれましたが、多くのデータは失われたままです。

今ご覧になっているページは、復旧したデータそのまま掲載していますが、一部の記事や写真は無くなっています。ご了承下さい。


ここはいわゆる田舎です。一番近くの都会である釧路から45kmほど離れていますし、日用品の買い物ですら近くの町まで15kmほど車を走らせなければなりませ。都会に住んでいるとこんな生活はとても不便に見えてしまうでしょう。

実際不便はかなり感じます。

しかし、今後各種の通信手段の発達によりそういった不便さはどんどん解消されていくはずです。たとえばこのホームページを公開しているインターネットがその一つの例です。

現時点では、まだメールを利用していない人も多く、すべてのジャンルの情報が蓄積されているわけではありませんが、近い将来にはきっと、通信回線さえあれば世界中どことでも連絡を取ることが出来、自分の必要な情報を簡単に引き出す事が出来る環境が整うはずです。

そうなれば、情報面に関しては、どんな田舎にいても都会で生活するのと同様のものを手に入れることが出来ます。

買い物に関しても、通販の発達は自分のほしいものはどこに住んでいようと購入できるような環境になってくるはずです。

.
.
.

.
.


 返信する