釧路川にラッコ出現

2013年3月24日

釧路川にラッコ出現のニュースを聞いた。
初めは「ふーん」という感じだったが、夕方になって実際に見た人からの電話でその話を聞くと、急に見に行きたくなった。
仕事が終わってからだと暗くなり、写真が撮れなくなってしまう。ということで、早めに仕事を切り上げ見に行った。
ラッコ出現地の、幣舞橋(ぬさまいばし)付近は、普段は閑散としているのだが、さすがに大勢のギャラリーが見に来ていた、もちろんテレビ局の取材も。
釧路川に出現したラッコ
釧路川のラッコがなんか食っている
野生のラッコを見るのは初めてだが、人間を怖がる風でもなく水中に潜ってはなにか(貝?)をとってきては、おなじみのポーズで食べてみせる。
なかなかサービス精神のあるヤツだ。
ちょっとピンぼけ釧路川のラッコ
だいぶ暗かったので写真はピンぼけだが、10mほどの距離でこんな光景が見られるのだから、実に楽しい。
ところで、釧路の夕陽は、誰が決めたのかは知らないが「世界3大夕日」の一つなのだそうだ。
確かに海に沈む夕日はとんでもなく美しい。
その夕陽を浴びてラッコが仰向けに浮かんでいる姿は、滑稽でもあり、神々しくもあった。
世界三大夕陽に浮かぶ釧路川のラッコ

(クリックで拡大するとラッコが浮かんでいるのが見えますよ。)

日記

Posted by 森の人