2月 182008
 

さらば、北の大地!
北海道よさらば
所用で5日ほど北海道を離れることになった。
津軽海峡冬景色。わかりにくいがかすかに見える陸地は竜飛崎。
空から見る竜飛岬
「ごらんあれが竜飛岬キタのはずれと~」
コブシのきいたメロディーが聞こえそうだ、などと思いながらふと見ると、窓の外に別のヒコーキの姿が!
ブロッケンの妖怪ヒコーキ
登山をする人なら知っていると思うが、これはブロッケンの妖怪(ブロッケン現象)と呼ばれる現象だ。
朝や夕方に、横からの光で雲や霧に自分の影が映り、まるで空中に妖怪が浮かんでいるように見える。さらに影のまわりには虹色の丸い光がかかり、まるで後光のように見える。
ブロッケン現象
(写真左下の丸い光の中に自分の乗っている飛行機の影が見える。)
ほんの数分間ではあったが、ヒコーキの妖怪と共に空の旅を楽しむことができた。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と言うわけで、しばし内地人になりますので更新は4~5日後になると思います。


  14 コメント

  1. なぜか冬の阿寒富士頂上では高確率で妖怪と遭遇します。
    「JA○」には御用心。

  2. こんな現象が起きるんですね。
    自然とはすごいですね。

  3. おはようございます。
    ブロッケン現象なんてすっかり忘れていました。
    お気をつけて!

  4. カトマンズ⇒ルクラのフライトで、同じ様に自分の乗っている
    飛行機の斜め下に飛行機を見ました。でも、ブロッケンではありません。
    本物の飛行機です。昔と違い、今やカトマンズ⇒ルクラは、
    民間航空会社数社が競い合って飛ばしている路線です。
    ルクラ飛行場には、ほんの10分くらいの間に次々と着陸し、
    4機が集合し、10分くらいでお客を乗せ、また次々と
    飛び立ってゆきます。今回の新千歳空港のようなことが起きても
    チットモおかしくありません。でも、あの短さの滑走路では、
    もし起きたら、絶対ぶつかりますね。

  5. こんばんは。
    ブロッケン現象ですかぁ!
    話にはよく聞くけど見た事ないです。
    なんか幻想的ですね♪
    ポチ☆

  6. 私も大学生のころ、大雪山黒岳山頂でブロッケン現象を体験しました。
    写真にも写すことができました。
    大学の友人と2人で層雲峡に入り、ロープウェイのある麓の喫茶店で大阪からきた女性アルバイタと知りあったり、黒岳石室で宿泊したり、いろいろと思い出に残る楽しい山行でした。

  7.  E-boy さん
    冬の雌阿寒岳に登るんなら、なるべく天気の悪い日を選べ。
     ですね。

  8.  虎龍 さん
    発生原理が科学的に解っていても、見た時はやっぱりワクワクします。そこが自然の楽しいところですね。

  9.  つぼ焼きとむ さん
    ヒコーキの着陸時は、いつもの事ながらドキドキしましたが、無事北海道人に戻る事が出来ました。

  10.  ニーハオ さん
    ルクラの未舗装の土の滑走路が懐かしいですよね。
    私がもし今度行く時は、ヒコーキは危険そうなので、ジリからルクラまで歩くことにします!

  11.  JO-JO さん
    ブロッケンの妖怪は、元々が自分の影なので、こちらが手を振ると相手も手を振ってくれます。昔の人にはまさに妖怪に見えたことでしょうね。

  12.  dad-hiro さん
    良き青春時代! という感じの良いお話しですね。
    これからも楽しく懐かしめる想い出を増やしていきたいものですね。

  13. 今やルクラは未舗装ではありませんよ!!
    「ジリからルクラまで」懐かしいですね!!
    一緒に歩きましたものね。

  14.  ニーハオ さん
    ほとんど骨だけのニワトリなんかもありましたね。
    今度はのんびりトレッキングで行きたいです。

 返信する