3月 272008
 

春の訪れを告げるフキノトウ(蕗の薹)。

春を告げる蕗の薹

フキノトウは実はフキの花。
茎も葉っぱも無く、花だけが地面にポッカリと咲いている。
普段何気なく見ているのだが、よく考えると不思議な存在だ。

花が終わる頃に茎や葉っぱが伸びてきて背が高くなり、タンポポみたいに綿毛をつけて種を飛ばす。

こちらは、まだつぼみの状態。

まだつぼみの状態の蕗の薹

山菜として食べるなら花が開く直前の、この位の方がおいしいと思う。

フキノトウは早春の味だ、風味は有るが苦味がとても強い。

本格的な屋外活動のシーズンを前に、この苦味が身体を活性化してくれるような気がして、この時期わが家では「春を迎える儀式」としてフキノトウを食べる事にしている。

フキノトウの天ぷら

(フキノトウの天ぷら。香りを楽しむなら塩が食べるのがお奨め)


  4 コメント

  1. 自分で摘んで食べるんですね。
    おいしいとは言いがたいけど、やっぱり春の味ですよね。

  2. こちらでも、芽を出し始めました。
    ウチも天ぷらですね。
    かみさんは好きですが、私は山ほど食べたいもんでもないですかね・・・。たらんぼの天ぷらだといくんですがね。

  3.  Mark_fk さん
    私もおいしいとは思わないけど、春の味と言うことで味わってます。

  4.  denen-kurashi さん
    たらんぼはおいしいですね。
    確か、山菜の王様と呼ばれてるんじゃあなかったかな?

 返信する